スチールベルトクーラー

スチールベルトクーラー

ベルンドルフバンドグループは、お客様のご要望に合わせて精密に作られた幅広いスチールベルトシステムを提供しています。数多くの製品がある中、蒸気処理トンネル、スチールベルトドライヤーおよびスチールベルトクーラーも供給します。弊社はシングルおよびダブルベルトクーラーの製造にも注力しています。

これらのマシンは溶融された材料を固形化して板状、ストリップ、フレークまたは粒状に成形します。この工程は1本のベルト上、または2本のベルト間で実現可能です。弊社グループ会社との密接な協力により、造粒システムも製造可能です。

ベルンドルフバンドグループが設計したスチールベルトクーラーは、冷却、結晶化から様々なサイズの造粒、また化学物質、から食品まで、幅広い分野で使用されています。固形化工程中に、材料はリアクター、エクストルーダーまたはニーダーで溶融され、スチールベルト上にシート、ストリップまたは粒状で滴下されます。固形化はシングルベルトクーラー(1本のスチールベルト上で製造)またはダブルベルトクーラー(スチールベルト2本の間で製造)で製造いたします。

お客様のご要望にお応えするため、ベルンドルフバンドグループはスチールベルトクーラーを補完する多様な装置を提供しています。また低粘度材を加工するために、ベルトエッジに製品保持ストリップを取り付けられます。素材の特性と製品の形状に基づき、ベルンドルフバンドグループの専門家が最適なシステムを構成できるようお客様をサポートします。独自の構造により、最高品質の製品をより効率的に製造できます。

 

シングルベルトクーラー

シングルベルトクーラーは最小限の比熱、低密度を特徴とする低粘度素材に最適な選択肢であり、造粒のような成形物、多様なフレーク、または高粘度ストリップの製造にも適しています。

 

ダブルベルトクーラー

ダブルベルトクーラーは、低から中粘度の加工に用いられます。スチールベルトの開始部分に取り付けられる共通装置はオーバーフローフィーダーまたはプロセスローラーです(プレッシャーロール)。

 

プレスローラーなしのダブルベルトクーラー(NR)

本装置は供給された素材をシートに伸ばすために使用されます。素材は入口でスチールベルトのインフィードドラムでプレスされ、上下のスチールベルトにはさまれることで効率的に冷却されます。このクーラーは、特に最高100,000 mPa.sまでの高粘度の素材、および溶融粘度の高い素材に最適です。トナー、EMC(エポキシ封止剤)、粉体塗料や、フェノール、ポリエステル、アクリル酸エステル、スチレン系樹脂のフレークが最高の品質で加工できます。

 

ネオペンチルグリコールクーラー(NPG)

ネオペンチルグリコールクーラー(NPG)は、新しいNPG特性に合わせて常にアップグレード、強化されています。ベルンドルフは完全に最適化されたNPGスチールベルトクーラーを提供します。このレベルの最適化は簡単な保守を行い、動作負荷を一定にすることで保証されます。

ベルトクーラーはお客様特有の要件に合わせられていますので、円滑でトラブルのない加工を確実にします。

ネオペンチルグリコールはポリウレタンと共に、自動車および船舶向け塗料の製造に最もよく使用されています。

 

SCタイプスチールベルトドラムクーラー

冷却ドラムとスチールベルトを組み合わせた設計により、このクーラーは特にスペースを節約するコンパクトモデルになっています。この装置は、研究開発領域のプロジェクトおよび生産の試験的なステージに最適です。

 

冷却ドラム

主に化学および食品業界で使用される冷却ドラムは、素材を冷却、固形化、そして後にはフレークに粉砕するために使用する装置です。溶融された細粒はエクストルーダーからプレスロールに供給され、あらかじめ定義された厚さに延ばされます。スチールベルトと回転する冷却ドラムの間を通る際、素材はドラム内の冷水に冷却され固形化します。その後パネルはドラムの外で粉砕機により小さく砕かれます。この工程では、より小さなサイズのフレークが製造されます。それらはその後細粒、粉体塗料、化学製品およびトナーなどの製品製造に使用されます。